導入事例
勤怠管理・給与クラウドを導入いただいて、課題解決に成功されたお客様の導入事例をご紹介いたします。
株式会社 ホワイトウイングス イメージ画像
株式会社 ホワイトウイングス 様
推定コスト軽減額
約 1,409万円
導入効果
集計処理がWEBでワンクリック!
導入によって450万円程度のコスト削減
勤怠管理の導入後は、とにかく給与計算作業が楽になりました。また、リーダー(管理者)の作業・管理も楽になりました。概算ですが、導入によって450万円程度のコスト削減ができました。今までは各拠点・グループの管理者が個々にタイムカードを見ながら集計しておりましたが、遅延や間違いが続き、確認作業などに時間が取られていました。今は集計処理がWEBでワンクリックで行えますので、業務の効率化が図れ、本来の業務に従事できています。勤務状態の把握がリアルに本部でもできるようになり、TKCの連動がCSVにより、効率化され、時間が短縮されました。

1.導入のきっかけ
工場とショップの合計71拠点の社員522名分を手計算していたものを、給与ソフトと連動させることができればと思い導入しました。

2.メール配信の活用
日々の出勤、退勤の時間の詳細を個々の従業員が、すべて参照できる仕組みが付いていますので、従業員にとっては嬉しいことだと思います。管理者が確認をして、誤りがなければ簡単に作業が済んでしまうので、とても便利です。以前のように紙に戻すことは考えたくないですね。




株式会社 亀庵 イメージ画像
株式会社 亀庵 様
推定コスト軽減額
約 361万円
導入効果
常にリアルタイムで確認
労働シフト・給料計算がとても楽に!
導入前は2拠点のみでタイムカードを利用していましたが、勤怠管理のシステム導入を機に全店舗/全社員(134名)で使うようになりました。各店舗から集めていた紙のタイムカードがなくなり、常にリアルタイムで確認できるようになり、毎日の労働シフト(時間)・給料計算がとても楽になりました。

1.導入のきっかけ
大手のタイムカードソフトを2拠点のみ採用しておりましたが、期限が満了になり、新しく機器を導入する際の初期導入費用が高額のため、検討していたところタイミングよく、安価で本当に必要な機能を持つ本システムをご紹介いただきました。
2.メール配信の活用
拠点・店舗数が多いところや、本部一括の勤怠ができていない会社にとっては非常に便利なシステムです。
給与計算業務の効率化とコスト軽減が確実にできます。




株式会社 裕笑店 イメージ画像
株式会社 裕笑店 様
推定コスト軽減額
約 134万円
導入効果
時間と手間が一気に解消
ミスが非常に減少しました!
導入前は、タイムカードの時間をエクセルの給与計算表に入力していましたが、入力ミスがあったりして時間と手間がかかっていました。導入後は給与計算ソフトを購入して、一連の流れで給与計算までが一括して行えるようになったので仕事が1つ減った感じで、現場に出る時間を増やすことができました。認証時にスタッフが間違った打刻をしたりして、修正が必要になっていましたが、最近では打刻時の間違いがないように項目が追加され、ミスが非常に減少しました。

1.導入のきっかけ
忙しい中、自らパソコンを開いてタイムカードの時間をエクセルに入力して勤務データを作成し、給与計算をしていました。店舗を増やしたことによりスタッフ数が50人近くになり、給与計算業務が楽になり、短縮された時間を店舗サービスに使うことができると思い導入を決めました。
2.メール配信の活用
博多一番どり本部では、全体のスタッフ人数も多く他社のシステムを導入していますが、非常に高価で当社では導入を見送りました。このシステムは月の使用料も安価で、給与計算のためのスタッフ経費も抑えられるので、導入されることをお勧めします。